STUDIO de VERTS (ストゥーディオ ドゥ ベール)
統合美容で『美しくいきいきと生きる』ために努めてまいります!





2014.01.28  『薬食同源』・・・五味


    前回は、『薬食同源』四気を説明しました!

        今回は、五味です

  酸味(さんみ)・・・春
      汗のかきすぎや下痢などの漏れ出るものを止める
        梅、レモン、リンゴ、キウイ、ヨーグルトなど

  苦味(くみ)・・・夏
      余分な熱を冷ましたり取り除いたりする
        レバー、苦瓜、レタス、セロリ、ごぼうなど

  甘味(かんみ)・・・長夏
      胃腸の働きを整えて体力を増強する
        もち米、キャベツ、ジャガイモ、牛肉、鶏肉など

  辛味(しんみ)・・・秋
      体を温めて気血の巡りをよくし、発汗を促す
        ネギ、ニラ、ピーマン、生姜、ニンニクなど

  鹹味(えんみ)・・・冬
      =鹹味は塩辛いものではなく海の塩味=
      硬いものを柔らかくする便秘の解消など
        蟹、牡蠣、イカ、シジミ、海苔、昆布など

   薬膳養生法は四気や五味、そして四季を通して
    食することが・・・

   『日常生活の中で生命を養い、長生きを目指す』ことで
    ご自分の体質に合わせたものを取り入れましょう

        
No.462 / コラム / Comment*0 // PageTop


2014.01.25  薬膳養生法


    漢方には、毎日のきちんとした食生活が
    病気の予防のに値するという

     『薬食同源』という考えがあり
      これを実践した食事法が薬膳です
    
   以前にも、ブログで紹介させていただきましたが 

   薬膳というと「特別な食材が必要」とか「調理が難し」とか
   思われますが、使う食材はスーパーで見かけるものが中心で

   『四気=しき』『五味=ごみ』などで食材を分類して体質に
    合わせて食材を選ぶというもの知っていれば薬膳が気軽に
    取り入れやすくなりますね

   それと・・・
    四季折々の『旬な野菜』そのものも薬膳です

    今日は、四気による食材の分類を紹介します!

    寒性・・・体の熱をよく冷ます
           ナス、アスパラ、トマト、アサリ、サケなど

    涼性・・・体の熱をやや冷ます
           レタス、セロリ、ミカン、いちご、鴨肉など

    平性・・・冷やしも温めのしない
           じゃがいも、大豆、サンマ、ホタテ、豚肉など

    温性・・・体を温めて冷えを取る
           ネギ、ニンニク、人参、マグロ、牛肉など

    熱性・・・体をよく温めて冷えを取る
           胡椒、山椒、唐辛子、シナモン、羊肉など

    四気ですが、平性(冷めも温めもしない)が入っています!

    通常の調理法で、気軽に取り入れてみてはいかがでしょうか

  
No.461 / コラム / Comment*0 // PageTop


2014.01.23  嬉しぃいただきもの・・・


     このところ、お客さまからのいただきものが
        続いて嬉しいかぎりです
    
     Betty・・・超!アンティークはSドさんから
         口元が尖っていて可愛ぃ~
    Betty.jpg

    見てて飽きないキュートな
    ブールミッシュのマカロンはHよしさんから   
    マカロン

   リハビリ療養中のI子さんから
   チョコレート専門店『Leonidas』ベルギーより空輸
    大人なビターなチョコとパウダーチョコ
    チョコ
 
     テンションが 幸せ者です


No.460 / コラム / Comment*0 // PageTop


2014.01.21  大寒


     『大寒』・・・1年で最も寒さが厳しくなるころ

   ほんと!
    朝から寒くて、なかなか起きるのに勇気が・・・

    暖かくしている部屋にこもりがちになります

   
   TVでは、ノロウイルス対策をアッチコッチ放映しています!
    下痢や嘔吐が続き、感染もするので子供やお年寄りには
    生命を脅かすことにもなり兼ねないウイルスで怖いです

    養生していてもかかってしまう場合もありますが・・・

    養生とは漢方の言葉で

     『日常生活の中で生命を養い、長生きを目指す』

     特に重視されるのが
      生活環境を見直す養生法と薬膳を取り入れた
      食養生、そして漢方薬による養生法があります。

   漢方養生法
     『病気を潰す』のではなく体質を改善して病気を防ぐ

     ◎同病同治(どうびょうどうち)・・・
       西洋医学では同じ病気には同じ薬を使いますが
       漢方では体質に合わせて違う薬が使われます。

      (例)
       同じカゼでも
        実証(食欲旺盛でエネルギッシュな体質、体力があり
           無理がきく分、病気のサインを見逃しやすい)
                  
           麻黄附子細辛湯(まおうふしさいしんとう)

        虚証(小食で体力のない体質、顔は青白く痩せている
           人に多い、チョッとしたことで体調を崩しやすい)
                  
            葛根湯(かっこんとう)

     ◎異病同治(いびょうどうち)・・・
       一つの病気に作用する西洋薬と違い、漢方薬は体質を
       改善して複数の症状を改善する。

      (例)
        カゼ対策で服用した葛根湯
                   
          筋肉痛  頭痛  肩こり  などに効果を発揮。

      カゼをひいたら『葛根湯』というイメージがありますが
      葛根湯は、カゼの初期症状ゾクッとした時に「血行促進」や
      「発汗作用」に効果がありますが、カゼの万能薬ではないです

 
No.459 / コラム / Comment*0 // PageTop


2014.01.16  1月空き状況報告**後半**


     早くも1月も中ごろになりました!

   寒さが厳しくなり起きるのが辛くなってます

   こんな時は、血流が悪いので・・・
   
    1.首・手首・足首を温めましょう
    2.睡眠をしっかりとりましょう
    3.お風呂にゆっくり入りましょう
    4.暖房を効かせ過ぎないようにしましょう
    5.激しい運動やダイエットは控えましょう
  
      改めて、「冬の養生法」です

   ☆温める飲み物
     杜仲茶、シナモン紅茶、紅花茶など。

   ☆温める食材
     羊肉、鶏肉、えび、玉ねぎ、ニラ、かぼちゃ、クルミなど
     =特に羊肉は、温める効果が高く、羊肉・ニラ・えびは
      頻尿にも効果があります=

   ☆血を増やす食材
     黒ゴマ、黒きくらげ、黒豆、海藻類
     =色の黒い食材は『腎』の働きを助け『血』を増やし
      血行を良くします=

   ☆キノコ類
     生命力や抵抗力がアップし、カゼの予防とともに
     冬からくる春の花粉症対策にもなります。

   ☆柑橘類
     みかんや金柑、柚子など柑橘類はビタミンCが
     たっぷりでカゼ予防にもなります。

 それでは・・・・

   空き状況**1月後半**報告です!

   16日(木)あきありません。

   17日(金)18時以降、空きあります!

   18日(土)空きあります。

   19日(日)あきありません。

   20日(月)空きあります!

   21日(火)13時半以降、空きあります!

   22日(水)空きありません。

   23日(木)18時以降、空きあります!

   24日(金)空きあります!

   25日(土)午前入りと・17時以降、空きあります!

   26日(日)空きありません。

   27日(月)空きあります!

   28日(火)13時半以降、空きあります!

   29日(水)17時半以降、空きあります!

   30日(木)空きあります!

   31日(金)午前入り~16時入り迄、空きあります!

       ご都合、いかがでしょうか?

     血行不良で乾燥で角質が硬くなってターンオーバーが
     悪くなっています
     美容推拿(びようすいな)マッサージで
     『くすみ、ムクミ、小顔、リフトアップ、首のコリ、眼精疲労』
      など改善しませんか??

       ご連絡お待ちしています

        

2014.01.14  衝動買い(^^;


     一昨日、ついに勝手しまいました

 自転車

  小回りの利く小さいのんにしょうかと思っていたのですが
   『小さいのは危ないよッ』言われていたのもあって
   色と適度な大きさが良くって、衝動的に買ってしまいました

         安全運転を心がけます

  それと・・・
      いただきものの、ご紹介です

   瀬戸ちゃん土産
   飲み友達のSちゃんと天満の居酒屋『バルヲ』のママから
    お正月の温泉旅行のお土産です

     昔ながらの焙煎、圧搾方式で伊賀産・菜種のよさ
     【香り・色・栄養】が、そっくりそのまま入っている
        (左)エクストラバージン菜種油
        (右)ファインバージン菜種油

   まきちゃん土産
   今年も『女磨きを頑張る!』お客さんのMちゃんから、
    デパートで並ぶ 【麻布かりんと】

     なんと50種類もあるのですよ!
     箱が可愛くって、贈答にはもってこいって感じで
     懐かしくて美味しくって速攻に完食したかりんとでした

    
No.457 / コラム / Comment*0 // PageTop


2014.01.11  十日戎


     昨日、住吉大社に商売繁盛の『十日戎』
      Sさんと3年連続で行ってきました

     商売繁盛も大事ですけど、健康が一番
     身をもって証明できましたので、住吉さんに
     そこんとこをヨロシクってお願いしてきました

       昨年よりは、1周り大きいのをGET!
     住吉大社1
     
       いつもの定位置に納めました!
     住吉代謝2

     これで、お正月の行事は終わりです


No.456 / コラム / Comment*0 // PageTop


2014.01.09  漢方を上手に取り入れるQ&A・・・③


    またまた、漢方手帳の続きです

   薬膳とは何?

    昭和50年頃に日本で作られた。
    中国にはない用語。
    食物が持つ効能を食養生に取り入れたものをいう。
    「冷えやすい虚証の人は温かく消化のよい食事を」
    「消化吸収力が高い実証の人は食物繊維が豊富で
     消化に時間がかかる食事を」といった具合に
    体質に合わせた食材、調理法を指す。

   養生法とは何?

    病気を予防したり、軽い段階で症状を改善したり
    するために食事や睡眠などの生活習慣を整えること。
    漢方においては重要視されている。
    中でも薬膳を含めた『食養生』は古くから知られており
    「よく噛んで食べる」「季節の食材を食べる」
    「食べる時間を決める」「お腹を空っぽにて寝る」など
    さまざまなポイントがある。


       お正月休みでダラダラ食いをしていた
       わたくしには耳の痛い話です

     しっかし・・・

      『薬膳』って言葉が『漢方』と同じように
      日本で作られた用語だったとは知りませんでした
    

No.455 / コラム / Comment*0 // PageTop


2014.01.08  漢方を上手に取り入れるためのQ&A・・・②


    漢方手帳の続きです

   漢方薬は長く飲み続けないと効かないの?

     カゼに効果的な葛根湯は服用して10分ほどで体が
     温まってくるなど、即効性のある漢方薬もある。
     ただし、漢方薬が得意とする体質改善や不調を治す
     ためには、一定期間の服用が必要。
     2週間が目安だが、症状によってはさらに長期間に
     わたる場合もある。
     1~2か月以上続けても改善しない場合は、医師に
     相談するのが良いです。

   同じ症状でも人によって合う薬が違う?

     体質に合わせた処方をするため、同じ病気でも体質が
     異なれば人によって違う漢方薬で治療が行われる。
     これを漢方では『同病異治=どうびょういち』という。
     一方、まったく異なる複数の病気を、一つの漢方薬で
     同時に治療する場合もある「異病同治=いびょうどうち」
     これは漢方薬で体質を改善することにより、その体質が
     原因となる複数の病気を一度に治せるためです。

   医師に処方でしてもらう薬と薬局や
        ドラッグストアで買う薬はどう違うの?

     医師が処方する漢方薬は『医療用漢方製剤』という。
     一方、薬局やドラッグストアなどで購入できる市販の
     漢方薬は『一般用漢方製剤』。
     同じ処方であれば成分は同じだが、多くの市販薬は
     医療用漢方製剤よりも成分量を抑えてある。
     なお、医療用漢方製剤は厚生労働省が承認する
     148処方についてのみが、保険適用になっています。

   なるほどですが・・・

     漢方薬を飲む場合は、信頼のできる漢方医を見つけて
     処方してもらうのが一番なんですが、高い!って
     イメージもあるので気軽に相談にいけないのが現実です

     
No.454 / コラム / Comment*0 // PageTop


2014.01.07  七草がゆ


      今日は『七草がゆ』の日です

     七草がゆ
    今どきはスーパーで簡単にセットが売られています

    =由来=
      古い中国の週刊が日本に伝わり、醍醐天皇の延喜
      11年から正月七日に七種の若菜を調達することが
      公式化され「枕草子」にも七日の菜を六日に
      入がもて騒ぐ
の記事があるように、七日の朝
      七草粥を炊いて無病息災を祈るならわしができた。


       今年も、ご利益をいただきたいので
       七草がゆをいただきました


No.453 / コラム / Comment*0 // PageTop


プロフィール

STUDIO de VERTS(ストゥーディオ ドゥ ベール)

Author:STUDIO de VERTS(ストゥーディオ ドゥ ベール)
心斎橋駅から徒歩5分
南船場のエステ・スタジオ
ストゥーディオ・ドゥ・ベールのblogです。

※完全予約制

TEL :06-6251-2810
  :090-9054-3655

URL:
http://www.midori-sdv.com
http://www.midori-sdv-school.com

E-mail:
info@midori-sdv.com

mobile-mail:
midori-sdv@docomo.ne.jp

営業時間: 10:30~20:00
         (相談可)
定 休 日: 不定休

住所: 大阪市中央区南船場
   4-10-5
   南船場SOHOビル802

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

STUDIO de VERTS(ストゥーディオ ドゥ ベール)

Author:STUDIO de VERTS(ストゥーディオ ドゥ ベール)
心斎橋駅から徒歩5分
南船場のエステ・スタジオ
ストゥーディオ・ドゥ・ベールのblogです。

※完全予約制

TEL :06-6251-2810
  :090-9054-3655

URL:
http://www.midori-sdv.com
http://www.midori-sdv-school.com

E-mail:
info@midori-sdv.com

mobile-mail:
midori-sdv@docomo.ne.jp

営業時間: 10:30~20:00
         (相談可)
定 休 日: 不定休

住所: 大阪市中央区南船場
   4-10-5
   南船場SOHOビル802

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード